2019年09月11日

第90号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第15号

 令和元年9月4日に行われた皇族たる皇室会議の議員及びその予備議員の互選において、次のように当選した。

  令和元年9月11日
互選管理者 宮内庁長官 山本信一郎 


 議  員 皇嗣文仁親王 殿下
 議  員 正仁親王妃華子 殿下
 予備議員(職務を行う順序第一順位)
      崇仁親王妃百合子 殿下
 予備議員(職務を行う順序第二順位)
      皇嗣妃紀子 殿下





 
2019年9月11日 官報第90号 




 
posted by へむ at 15:53| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

第81号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第14号

 天皇陛下は、茨城県において開催される第74回国民体育大会に御臨場、併せて地方事情を御視察のため、9月28日から同月29日まで同県へ行幸になる。

 令和元年8月29日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年8月29日 官報第81号 




 
posted by へむ at 15:38| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

第77号


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第13号

 令和元年9月4日に行う皇族たる皇室会議の議員及びその予備議員の互選の投票の場所及び時間を、次のとおり定める。

  令和元年8月23日
宮内庁長官 山本信一郎 


一 投票の場所 宮殿
二 投票の時間 午前10時から午前10時30分まで





 
2019年8月23日 官報第77号 




 
posted by へむ at 15:01| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

第73号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第12号

 天皇陛下は、新潟県において開催される第34回国民文化祭・にいがた2019及び第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会に御臨場、併せて地方事情を御視察のため、9月16日から同月17日まで同県へ行幸になる。

  令和元年8月19日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年8月19日 官報第73号 




 
posted by へむ at 15:04| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

第68号 その2


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第11号

 天皇陛下は、秋田県において開催される第39回全国豊かな海づくり大海に御臨席、併せて地方事情を御視察のため、9月7日から同月8日まで同県へ行幸になる。

  令和元年8月9日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年8月9日 官報第68号 




 
posted by へむ at 17:01| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

第40号


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第10号

 令和2年歌会始お題「望」の詠進歌の選者は、次の者に定められた。

  篠   弘
  三枝 昂之
  永田 和宏
  今野 寿美
  内藤  明

 令和元年7月1日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年7月1日 官報第40号 




 
posted by へむ at 09:48| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

第19号 その2


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第9号

 皇居東御苑公開要領(昭和43年9月20日宮内庁告示第10号)の一部を次のように改正し、令和元年6月1日から施行する。

 令和元年5月31日
宮内庁長官 山本信一郎 


 次の表により、改正前欄及び改正後欄に対応して掲げるその標記部分に二重傍線を付した規定(以下「対象規定」という。)は、その標記部分が同一のものは当該対象規定を改正後欄に掲げるもののように改め、その標記部分が異なるものは改正前欄に掲げる対象規定を改正後欄に掲げる対象規定として移動し、改正後欄に掲げる対象規定で改正前欄にこれに対応するものを掲げていないものは、これを加える。

 改 正 後
第一 公開日及び公開時間
[略]
2 御苑の公開時間は、次のとおりとする。
一 3月1日から4月14日までの被 午前9時から午後5時まで

二 4月15日から8月末日までの日 午前9時から午後6時まで

三 9月1日から同月末日までの日 午前9時から午後5時まで

四 10月1日から同月末日までの日 午前9時から午後4時30分まで

五 [略]

3 [略]

 改 正 前
第一 [同上]
[同上]
2 [同上]
一 3月1日から10月末日までの日 午前9時から午後4時30分まで(ただし、5月15日から8月末日までの間にあっては、午後5時まで)

[号を加える]

[号を加える]

[号を加える]

二 [同上]

3 [同上]

(表および傍線類を省略しました)





 
2019年5月31日 官報第19号 




 
posted by へむ at 13:45| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第19号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第8号

 上皇上皇后両陛下は、孝明天皇山陵及び明治天皇山陵に親謁の儀につき、6月11日から同月13日まで京都府へ行幸啓になる。

 令和元年5月31日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年5月31日 官報第19号 




 
posted by へむ at 13:44| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

第12号


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第6号

 平成31年4月30日午後5時、宮中において、退位礼正殿の儀を行われた。

 天皇陛下のおことば及び内閣総理大臣の国民代表の辞は次のとおりである。


おことば

 今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。

 ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。

 即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。

 明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。


内閣総理大臣の国民代表の辞

 謹んで申し上げます。

 天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、本日をもちまして御退位されます。

 平成の30年、「内平らかに外成る」との思いの下、私たちは天皇陛下と共に歩みを進めてまいりました。この間、天皇陛下は、国の安寧と国民の幸せを願われ、一つ一つの御公務を、心を込めてお務めになり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たしてこられました。

 我が国は、平和と繁栄を享受する一方で、相次ぐ大きな自然災害など、幾多の困難にも直面しました。そのような時、天皇陛下は、皇后陛下と御一緒に、国民に寄り添い、被災者の身近で励まされ、国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました。

 本日ここに御退位の日を迎え、これまでの年月を顧み、いかなる時も国民と苦楽を共にされた天皇陛下の御心に思いを致し、深い敬愛と感謝の念を今一度新たにする次第であります。

 私たちは、これまでの天皇陛下の歩みを胸に刻みながら、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていくため、更に最善の努力を尽くしてまいります。

 天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願ってやみません。

 ここに、天皇皇后両陛下に心からの感謝を申し上げ、皇室の一層の御繁栄をお祈り申し上げます。


 令和元年5月22日
宮内庁長官 山本信一郎 




◯宮内庁告示第7号

 5月1日午前10時30分、宮中において、剣爾等継承の儀を行われた。

 5月1日午前11時10分、宮中において、即位後朝見の儀を行われた。

 天皇陛下のおことば及び内閣総理大臣の国民代表の辞は、次のとおりである。


おことば

 日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。

 この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

 顧みれば、上皇陛下には御即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めを真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

 ここに、皇位を継承するに当たり、上皇へ以下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。


内閣総理大臣の国民代表の辞

 謹んで申し上げます。

 天皇陛下におかれましては、本日、皇位を継承されました。国民を挙げて心からお慶び申し上げます。

 ここに、英邁なる天皇陛下から、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、日本国憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たされるとともに、国民の幸せと国の一層の発展、世界の陛下を切に希望するとのおことばを賜りました。

 私たちは、天皇陛下を国及び国民統合の象徴と仰ぎ、激動する国際情勢の中で、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を、創り上げいく決意であります。

 ここに、令和の御代の平安と、皇室の弥栄をお祈り申し上げます。


 令和元年5月22日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年5月22日 官報第12号 




 
posted by へむ at 12:04| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

第7号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第5号

 令和2年歌会始のお題は、次のように定められた。

   望

 令和元年5月15日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年5月15日 官報第7号 




 
posted by へむ at 12:46| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

第4号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第4号

 天皇陛下は、愛知県において開催される第70回全国植樹祭に御臨場、併せて地方事情を御視察のため、6月1日から同月2日まで同県へ行幸になる。

  令和元年5月10日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年5月10日 官報第4号 




 
posted by へむ at 10:57| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

特別号外第1号 その2


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第1号

 平成6年宮内庁告示第8号は、廃止する。

  令和元年5月1日
宮内庁長官 山本信一郎 


〜〜〜
[参照
 平成6年7月6日宮内庁告示第8号は、東京都港区元赤坂2丁目1番8号の御殿を皇太子殿下の御在所と定められ、東宮御所と称する等の件


◯宮内庁告示第2号

 令和元年5月4日、皇居において、御即位一般参賀を次のとおり行う。

  令和元年5月1日
宮内庁長官 山本信一郎 


一 参賀者は、午前9時30分から午後2時30分までに正門から参入し、宮殿東庭において参賀の上、坂下門、桔梗門、大手門、平川門、北桔橋門又は乾門から退出する。

二 参賀者の資格に制限はなく、服装は任意とする。
  ◯
 参賀行事を妨げ、又は他に危害若しくは迷惑を及ぼすおそれのある者は、参入できない。





 
2019年5月1日 官報特別号外第1号 




 
posted by へむ at 14:52| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

第7469号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第3号

 天皇皇后陛下は、神宮に親謁の儀につき、4月17日から同月19日まで三重県へ行幸啓になる。

 平成31年3月18日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年3月18日 官報第7469号 




 
posted by へむ at 13:56| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

第7460号 その1


 
■宮内庁告知

◯宮内庁告知第2号

 天皇皇后両陛下は、京都御所茶会に御臨席及び神武天皇山陵に親謁の儀につき、3月25日から同月28日まで京都府及び奈良県へ行幸啓になる。

 平成31年3月5日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2019年3月5日 官報第7460号 




 
posted by へむ at 14:56| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

第7433号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第1号

 平成31年2月24日、皇居において、天皇陛下御即位30年記帳を次のとおり行う。

  平成31年1月24日
宮内庁長官 山本信一郎 


一 記帳者は、午前9時30分から午後4時までに、坂下門から参入し、宮内庁庁舎前の特設記帳所において記帳の上、坂下門から退出する。

二 記帳者の資格に制限はなく、服装は任意とする。
     ◯
 記帳行事を妨げ、又は他に危害若しくは迷惑を及ぼすおそれのある者は、参入できない。





 
2019年1月24日 官報第7433号 




 
posted by へむ at 16:12| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

第7405号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第14号

 平成31年1月2日、皇居において、新年一般参賀を次のとおり行う。

  平成30年12月7日
宮内庁長官 山本信一郎 


一 参賀者は、午前9時30分から午後2時10分までに正門から参入し、宮殿東庭において参賀の上、坂下門、桔梗門、大手門又は乾門から退出する。

二 参賀者の資格に制限はなく、服装は任意とする。

   ◯

 参賀行事を妨げ、又は他に危害若しくは迷惑を及ぼすおそれのある者は、参入できない。





 
2018年12月7日 官報第7405号 




 
posted by へむ at 13:07| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

第7401号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第13号

 平成31年新年祝賀の儀を次のように行われる。

 平成30年12月3日
宮内庁長官 山本信一郎
 

 平成31年1月1日、天皇皇后両陛下は、宮中において次のように祝賀をお受けになる。

一 午前10時
   皇太子、皇太子妃、親王、親王妃、内親王及び女王

二 午前11時
   内閣総理大臣、国務大臣、内閣官房副長官、副大臣、内閣法制局長官及び内閣法制次長並びに以上の者の配偶者
   衆議院及び参議院の議長、副議長、議員、事務総長、事務次長、法制局長及び法制次長、衆議院調査局長並びに国立国会図書館の館長及び副館長並びに以上の者の配偶者
   最高裁判所長官、最高裁判所判事、最高裁判所事務総長及び最高裁判所事務次長並びに高等裁判所長官並びに以上の者の配偶者

三 午前11時30分
   特記した認証官以外の認証官及び各省庁の事務次官等で宮内庁長官の指定する者並びに都道府県の知事及び議会議長並びに以上の者の配偶者

四 午後2時30分
   各国の外交使節団の長及びその配偶者

      ◯

 参列者は、各時刻の15分前までに皇居に参入のこと。
 服装
  男子 燕尾服、紋付羽織袴又はこれらに相当する制服等(モーニングコートも可)
  女子 ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当する制服等





 
2018年12月3日 官報第7401号 




 
posted by へむ at 14:22| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

第7389号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第10号

 天皇皇后両陛下は、11月27日から同月28日まで静岡県へ行幸啓になる。

  平成30年11月14日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2018年11月14日 官報第7389号 




 
posted by へむ at 14:49| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

第7377号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第10号

 絢子女王殿下は、平成30年10月29日、守谷慧と結婚のため、皇室典範第12条の規定により、皇族の身分を離れられる。

  平成30年10月29日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2018年10月29日 官報第7377号 




 
posted by へむ at 10:07| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

第7357号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第9号

 天皇皇后両陛下は、高知県において開催される第38回全国豊かな海づくり大会に御臨席、併せて地方事情を御視察のため、10月27日から同月29日まで同県へ行幸啓になる。

 平成30年9月28日
宮内庁長官 山本信一郎 






 
2018年9月28日 官報第7357号 




 
posted by へむ at 10:26| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする