2014年01月15日

第6208号 その4


 
■講書始の儀

 1月10日午前10時30分、宮中において、講書始の儀を行われ、東京大学名誉教授樺山紘一は「歴史としての印刷文化」、東京大学名誉教授菅野和夫は「日本的雇用システムと労働法制」、高エネルギー加速器研究機構特別栄誉教授小林誠は「粒子と反粒子−対称性の破れをめぐって−」について進講した。





 
2014年1月15日 官報第6208号 




 
posted by へむ at 13:14| 講書始の儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする