2009年01月14日

第4989号


 
 1月9日午前10時30分、宮中において、講書始の儀を行われ、京都大学名誉教授吉川忠夫は「後漢、六朝時代における中国人の仏教受容」、東京理科大学教授伊丹敬之は「日本企業の人本主義システム」、立教大学教授入江正浩は「光に応答する分子」について進講した。





2009年1月14日 官報第4989号 




 

posted by へむ at 14:12| 講書始の儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする