2020年01月29日

第179号


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、愛子内親王殿下を御同伴の上、1月25日午後4時30分御出門、大相撲一月場所を御覧のため、国技館(墨田区)へ行幸啓、同6時31分還幸啓になった。





 
2020年1月29日 官報第179号 




 
posted by へむ at 11:26| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

第178号


 
■御祝電

 天皇陛下は、オーストラリア国の国祭日につき、1月24日同国連邦総督閣下へ御祝電を発せられた。

 天皇陛下は、インド国の共和国記念日につき、1月24日同国大統領閣下へ御祝電を発せられた。





 
2020年1月28日 官報第178号 




 
posted by へむ at 14:19| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

第177号


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、1月22日午後1時6分御出門、国立障害者リハビリテーションセンター及び国立職業リハビリテーションセンター創立40周年記念式典に御臨席、引き続き、障害者週間にちなみ、同施設を御訪問のため、埼玉県所沢市へ行幸啓、同5時55分還幸啓になった。





 
2020年1月27日 官報第177号 




 
posted by へむ at 13:29| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

第175号 その4(了)


 
■御弔電

 天皇皇后両陛下は、スペイン国王女ピラール殿下薨去につき、1月17日同国国王陛下へご弔電を発せられた。





 
2020年1月23日 官報第175号 




 
posted by へむ at 13:46| 御弔電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第175号 その3


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、愛子内親王殿下を御同伴の上、1月20日午後6時9分御出門、映画「キャッツ」チャリティ試写会に御臨席のため、有楽町朝日ホール(千代田区)へ行幸啓、同9時48分還幸啓になった。





 
2020年1月23日 官報第175号 




 
posted by へむ at 13:45| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第175号 その2


 
■人事異動

◯内閣

      別所浩郎
侍従次長に任命する

 侍従次長 加地正人
願に依り本官を免ずる(以上1月21日)

◯内閣府

 上皇侍従 野村護
願に依り本官を免ずる(1月17日)

      山田樹
上皇侍従に任命する(1月18日)





 
2020年1月23日 官報第175号 




 
posted by へむ at 13:45| 人事異動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第175号 その1


 
■宮内庁告示

◯宮内庁告示第2号

 令和2年2月23日、皇居において、天皇誕生日一般参賀を次のとおり行う。

 令和2年1月23日
宮内庁長官 西村泰彦 


一 参賀者は、午前9時30分から同11時20分までは、正門から参入し、宮殿東庭において参賀の上、坂下門、桔梗門、大手門又は北桔橋門から退出する。また、午後0時30分から同3時30分までは、坂下門から参入し、宮内庁庁舎前の特設記帳所において記帳の上、桔梗門、大手門、平川門又は北桔橋門から退出する。

二 参賀者の資格に制限はなく、服装は任意とする。

   ◯
 参賀行事を妨げ、又は他に危害若しくは迷惑を及ぼすおそれのある者は、参入できない。





 
2020年1月23日 官報第175号 




 
posted by へむ at 13:44| 宮内庁告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

第174号 その2(了)


 
■行幸

 天皇陛下は、1月20日午後0時38分御出門、第201回国会開会式に御臨場のため、国会議事堂(千代田区)へ行幸、同1時25分還幸になった。





 
2020年1月22日 官報第174号 




 
posted by へむ at 13:14| 行幸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第174号 その1


 
■歌会始の儀

 1月16日午前10時30分、宮中において、歌会始の儀を行われた。
 御製、御歌、皇族の詠進歌、召人、召人控及び選者の詠進歌並びに選歌は、次のとおりである。

   望

 御   製
学舎にひびかふ子らの弾む声さやけくあれとひたすら望む

 皇后宮御歌
災ひより立ち上らむとする人に若きらの力希望もたらす

皇   嗣 

祖父宮と望みし那須の高処より煌めく銀河に心踊らす

皇 嗣 妃 

高台に移れる校舎のきざはしに子らの咲かせし向日葵望む

眞子内親王 

望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな

佳子内親王 

六年間歩きつづけし通学路三笠山より望みてたどる

正仁親王妃 華  子 

御即位の儀式に望みいにしへの装ひまとひ背なを正せり

寛仁親王妃 信  子 

雪襞をさやかに望む富士愛でて平和な御代のはじまりにあふ

彬子女王 

言の葉のたゆたふ湖の水際から漕ぎ出さむと望月の舟

憲仁親王妃 久  子 

サッカーに関はりたれば五輪への出場国をひた待ち望む

承子女王 

初めての展望台にはしやく子の父母とつなぎあふ小さな両手

召  人 栗木京子 

観覧車ゆふべの空をめぐりをりこれからかなふ望み灯して

召人控 加賀乙彦 

いねぎはに妻の遺影に目を合はせ天への旅の無事望む夜

選  者 篠弘 

書き上げし稿折りてはファックスす望外なことを近頃はじむ

選  者 三枝昂之 

丘陵に街に暮らしの歩をとめて人は仰げり望月立てり

選  者 永田和宏 

なだらかな比叡の肩を照らしつつ昇る畿望の、はた既望の月

選  者 今野寿美 

港から汽笛とどけば手にとれる望遠鏡なり蝶々夫人も

選  者 内藤明 

新しき靴履きて立つ街角にわが望郷の方位をさがす

  選歌(詠進者生年月日順)
三重県 森紀子 

茶刈機のエンジン音は響かひて彼方に望む春の伊勢湾

埼玉県 若山巌 

百アールの田圃アートの出来映えを眺望するに櫓を組みぬ

東京都 保立牧子 

創薬の望みを託す天空の「きぼう」の軌道に国境はなき

福岡県 石井信男 

息を止め望遠鏡で本物の土星の環を見た夏の校庭

福岡県 粟屋融子 

ランドセルは海渡りゆくアフガンの子らの希望を抱き留むるため

長崎県 柴山与志朗 

望の日は両義の父が家にゐて家族四人で夕餉を囲む

山形県 村上秀夫 

それぞれに月傾けて子どもらは墨くろぐろと「望」の字を書く

神奈川県 森教子 

今よりも人々の文字うつくしき平和を望む戦時下の日記

大阪府 土田真弓 

眺望はどうだ晩夏に鳴く蝉を咥へて高く高く飛ぶ鳥

新潟県 篠田朱里 

助手席で進路希望を話す時母は静かにラジオを消した





 
2020年1月22日 官報第174号 




 
posted by へむ at 13:13| 歌会始の儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

第173号 その3(了)


 
■御答電

 天皇陛下から令和元年12月17日カタール国首長殿下へ発せられた御祝電に対し、同月24日御答電があった。

 天皇陛下から令和元年11月29日ラオス国国家主席閣下へ発せられた御祝電に対し、同年12月25日御答電があった。





 
2020年1月21日 官報第173号 




 
posted by へむ at 13:20| 御答電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第173号 その2


 
■御答信

 天皇陛下から令和元年9月20日マルタ国大統領閣下へ発せられた御祝電に対し、同年12月23日御答信があった。





 
2020年1月21日 官報第173号 




 
posted by へむ at 13:20| 御答信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第173号 その1


 
■御見舞電報及び御答電

 令和元年10月の台風19号による災害につき、次の各国元首から天皇陛下へ御見舞電報を寄せられ、これに対しそれぞれ御答電を発せられた。

  ルクセンブルク国大公殿下
  カタール国首長殿下
  ニカラグア国大統領閣下及び同令夫人
  カンボジア国国王陛下
  モンゴル国大統領閣下
  スロバキア国大統領閣下
  ブータン国国王陛下
  スペイン国国王陛下
  サウジアラビア国二聖モスクの守護者国王
  オランダ国国王王妃両陛下
  チェコ国大統領閣下
  トルクメニスタン国大統領閣下
  ミャンマー国大統領閣下
  チュニジア国大統領閣下
  オーストラリア国連邦総督閣下
  北マケドニア国大統領閣下
  クロアチア国大統領閣下
  バーレーン国国王陛下
  エジプト国大統領閣下
  オマーン国国王陛下
  モロッコ国国王陛下
  アルメニア国大統領閣下
  ブルキナファソ国大統領閣下
  ボツワナ国大統領閣下
  モルドバ国大統領閣下
  ギニアビサウ国大統領閣下
  ボスニア・ヘルツェゴビナ国大統領表会議長閣下
  コンゴ共和国大統領閣下
  クウェート国首長殿下
  ブルンジ国大統領閣下





 
2020年1月21日 官報第173号 




 
posted by へむ at 13:19| 御見舞電報及び御答電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

第171号


 
■御祝電

 天皇陛下は、モザンビーク国大統領フィリッペ・ジャシント・ニュシ閣下の大統領再任につき、1月15日御祝電を発せられた。





 
2020年1月17日 官報第171号 




 
posted by へむ at 10:07| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

第170号 その8(了)


 
■講書始の儀

 1月14日午前10時30分、宮中において、講書始の儀を行われ、奈良大学名誉教授東野治之は「遣唐使に見る日本の対外交流」、一橋大学名誉教授斎藤修は「歴史のなかの工業化」、東北大学名誉教授長谷川昭は「沈み込み帯の地震の発生メカニズムと火山の成因」について進講した。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:05| 講書始の儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その7


 
■御祝電

 天皇陛下は、グアテマラ国大統領アレハンドロ・エドゥアルド・ジャマテイ・ファジャ閣下の大統領就任につき、1月14日御祝電を発せられた。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:04| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その6


 
■御弔電及び御答電

 中曽根康弘元内閣総理大臣の逝去に際し、令和元年12月2日カタール国首長殿下から天皇陛下へ御弔電を寄せられ、これに対し1月14日御答電を発せられた。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:03| 御弔電及び御答電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その5


 
■御弔電

 天皇陛下は、オマーン国国王カブース・ビン・サイード・アール・サイード陛下崩御につき、1月12日同国国王ハイサム・ビン・ターリク・ビン・タイムール・アル・サイード陛下へ御弔電を発せられた。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:02| 御弔電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その4


 
■御見舞電報

 天皇陛下は、オーストラリア国における森林火災につき、1月10日同国連邦総督閣下へ御見舞電報を発せられた。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:01| 御見舞電報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その3


 
■認証官任命式

 1月9日午後6時30分、宮中において、検事長片岡弘、特命全権大使片山芳宏、同木村元の認証官任命式が行われた。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 11:00| 認証官任命式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第170号 その2


 
■令和3年歌会始のお題及び詠進歌の詠進要領

 令和2年1月16日
宮 内 庁 


一 令和3年歌会始のお題
  「実」と定められました。

  (注)お題は「実」ですが、歌に詠む場合は「実」の文字が詠み込まれていればよく、「実験」、「果実」のような熟語にしても、また、「実る」のように訓読しても差し支えありません。

二 詠進歌の詠進要領
 (一)詠進歌は、お題を詠み込んだ自作の短歌で1人1首とし、未発表のものに限ります。
 (二)書式は、半紙(習字用の半紙)を横長に用い、右半分にお題と短歌、左半分に郵便番号、住所、電話番号、氏名(本名、ふりがなつき)、生年月日、性別及び職業(なるべく具体的に)を縦書きで書いてください。
   無職の場合は、「無職」と書いてください(以前に職業に就いたことがある場合には、なるべく元の職業を書いてください。)。
   なお、主婦の場合は、単に「主婦」と書いても差し支えありません。
 (三)用紙は、半紙とし、記載事項は全て毛筆で自書してください。ただし、海外から詠進する場合は、用紙は随意(但、半紙サイズ24cm×33cmの横長)とし、毛筆でなくても差し支えありません。
 (四)病気又は身体障害のため毛筆にて自書することができない場合は左記によることができます。
   ア 代筆(墨書)による。代筆の理由、代筆者の住所及び氏名を別紙に書いて詠進歌に添えてください。
   イ 本人がワープロやパソコンなどを使用して印字する。この場合、これらの機器を使用した理由を別紙に書いて詠進歌に添えてください。
   ウ 視覚障害の方は、点字で詠進しても差し支えありません。

三 注意事項
  次の場合には、詠進歌は失格となります。
 (一)お題を詠み込んでいない場合・短歌の定型でないもの又用紙が縦長の場合
 (二)1人で2首以上詠進した場合や毛筆でない場合
 (三)詠進歌が既に発表された短歌と同一又は著しく類似した短歌である場合
 (四)詠進歌を歌会始の行われる以前に、新聞、雑誌その他の出版物、年賀状等により発表した場合
 (五)二(四)に記した代筆の理由書を添えた場合を除き、同筆と認められるすべての詠進歌
 (六)住所、電話番号、氏名、生年月日、性別、職業を書いていないものその他この詠進要領によらない場合

四 詠進の期間
  お題発表の日から9月30日までとし、郵送の場合は、消印が9月30日までのものを有効とします。

五 郵便のあて先
  「〒100-8111 宮内庁」とし、封筒に「詠進歌」と書き添えてください。詠進歌は、小さく折って封入して差し支えありません。

六 疑問がある場合には、直接、宮内庁式部職あてに、郵便番号、住所、氏名を書き、返信用切手をはった封筒を添えて、9月20日までに問い合せてください。
  また、宮内庁ホームページをご参照ください。

 (注)個人情報の取扱いについて
   ・利用目的 二(二)で記載いただいた個人情報は、歌会始のために必要な範囲で利用します。
   ・利用及び提供の制限 法令に基づく開示要請があった場合その他特別な理由がある場合を除き、利用目的以外の目的のために自ら利用し、又は第三者に提供しません。





 
2020年1月16日 官報第170号 




 
posted by へむ at 10:59| 歌会始のお題及び詠進歌の詠進要領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする