2019年09月30日

第101号


 
■御祝電

 天皇陛下は、トルクメニスタン国の独立記念日につき、9月26日同国大統領閣下へ御祝電を発せられた。





 
2019年9月30日 官報第101号 




 
posted by へむ at 09:02| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

特別号外第8号


 
■詔書

 日本国憲法第7条及び国会法第1条によって、令和元年10月4日に、国会の臨時会を東京に召集する。

  御 名  御 璽

   令和元年9月27日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 麻生太郎 






 
2019年9月27日 官報特別号外第8号 




 
posted by へむ at 18:16| 詔書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第100号


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、9月24日午後1時8分御出門、敬老の日にちなみ、目黒区高齢者センター及び公益社団法人目黒区シルバー人材センター(目黒区)へ行幸啓、同3時45分還幸啓になった。





 
2019年9月27日 官報第100号 




 
posted by へむ at 12:53| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

第99号 その8(了)


 
■御答電

 天皇陛下から7月26日タイ国国王陛下へ発せられた御祝電に対し、9月19日御答電があった。





 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:18| 御答電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その7


 
■御答信

 天皇陛下から7月29日ミクロネシア国大統領閣下へ発せられた御祝電に対し、9月17日御答信があった。





 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:17| 御答信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その6


 
■内閣告示

◯内閣告示第12号

 令和元年10月22日、同月25日、同月29日及び同月31日に行われる饗宴の儀の細目は、次のとおりである。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 


一 饗宴の儀次第

 (1) 饗宴の儀(第1日)
  1 午後7時10分、内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長及び最高裁判所長官並びにこれらの者の配偶者(以下「国内参列者」という。)が宮殿の千草の間及び千鳥の間に参集する。

  2 午後7時15分、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が皇族休所に参集される。

  3 午後7時20分、天皇陛下が皇后陛下とともに正殿竹の間にお入りになる。
    式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

  4 国内参列者が、順次、正殿竹の間に入り、天皇陛下、皇后陛下に謁見し、春秋 (しゅんじゅう) の間に入る。

  5 皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が春秋の間に入られる。

  6 外国元首・祝賀使節等及びこれらの者の配偶者(以下「外国参列者」という。)が、順次、正殿竹の間に入られ、天皇陛下、皇后陛下と御挨拶を交わされる。

  7 外国参列者が、正殿松の間の高御座及び御帳台を御覧になり、春秋の間に入られる。

  8 春秋の間において食前の飲物を供する。

  9 春秋の間において舞楽を供覧する。

  10 皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が外国参列者及び国内参列者とともに豊明殿 (ほうめいでん) に入られる。

  11 天皇陛下、皇后陛下が外国参列者とともに豊明殿にお入りになる。
     式部官長が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

  12 食事(着席)を供する。
     この間、雅楽を奏する。

  13 天皇陛下、皇后陛下が外国参列者とともに春秋の間にお入りになる。
     式部官長が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。
     皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が外国参列者及び国内参列者とともに春秋の間に入られる。

  14 食後の飲物を供する。

  15 天皇陛下が皇后陛下とともに松風 (まつかぜ) の間にお入りになる。

  16 外国参列者が、順次、松風の間に入られ、天皇陛下、皇后陛下においとまを告げて退出される。
     皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下は春秋の間で見送られる。

  17 皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が松風の間に入られる。

  18 天皇陛下ら皇后陛下とともに御退出になる。
     式部官長及び宮内庁長官が前行し、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が供奉され、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

  19 国内参列者が退出する。

 (2) 饗宴の儀(第2日)
  1 午前11時40分、参列者が宮殿の春秋の間に参集する。
    正殿松の間において高御座及び御帳台を供覧する。

  2 午前11時45分、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が皇族休所に参集される。

  3 午前11時55分、参列者が豊明殿に入り所定の位置に着席する。

  4 正午、天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿にお出ましになる。
    式部官長及び宮内庁長官が前行し、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が供奉され、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

  5 天皇陛下のおことばがある。

  6 内閣総理大臣が祝詞を述べる。

  7 国家を奏する。

  8 代表者が杯を挙げる。

  9 食事(着席)を供する。
    この間、雅楽を奏する。

  10 天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿を御退出になる。
     前行、供奉及び随従はお出ましのときと同じである。

  11 参列者が退出する。

 (3) 饗宴の儀(第3日)
  1 午後2時40分、参列者が宮殿の豊明殿及び春秋の間に参集する。
    正殿竹の間において高御座及び御帳台を供覧する。

  2 午後2時45分、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が皇族休所に参集される。

  【豊明殿】
   (1) 午後2時55分、参列者が豊明殿の所定の位置に列立する。

   (2) 午後3時、天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿にお出ましになる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下(春秋の間に入られる皇族各殿下を除く。)が供奉され、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

   (3) 天皇陛下のおことばがある。

   (4) 代表者が祝詞を述べる。

   (5) 国家を奏する。

   (6) 代表者が杯を挙げる。

   (7) 食事(立食)を供する。

   (8) 天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿を御退出になる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

   (9) 雅楽を奏する。

  【春秋の間】
   (1) 午後2時55分、参列者が春秋の間の所定の位置に列立する。

   (2) 午後3時、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下(豊明殿に入られる皇族各殿下を除く。)が春秋の間に入られる。

   (3) 食事(立食)を供する。
      この間、雅楽を奏する。

   (4) 天皇陛下が皇后陛下とともに春秋の間にお出ましになる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

   (5) 天皇陛下のおことばがある。

   (6) 代表者が祝詞を述べる。

   (7) 国家を奏する。

   (8) 代表者が杯を挙げる。

   (9) 天皇陛下が皇后陛下とともに春秋の間を御退出になる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。


  3 豊明殿に入られている皇族各殿下が豊明殿を退出される。

  4 参列者が退出する。


 (4) 饗宴の儀(第4日)
  1 午後2時40分、参列者が宮殿の春秋の間及び豊明殿に参集する。
    正殿松の間において高御座及び御帳台を供覧する。

  2 午後2時45分、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が皇族休所に参集される。

  【春秋の間】
   (1) 午後2時55分、参列者が春秋の間の所定の位置に列立する。

   (2) 午後3時、天皇陛下が皇后陛下とともに春秋の間にお出ましになる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下(豊明殿に入られる皇族各殿下を除く。)が供奉され、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

   (3) 天皇陛下のおことばがある。

   (4) 外交団長が祝詞を述べる。

   (5) 外交団長が杯を挙げる。

   (6) 食事(立食)を供する。

   (7) 天皇陛下が皇后陛下とともに春秋の間を御退出になる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

  【豊明殿】
   (1) 午後2時55分、参列者が豊明殿の所定の位置に列立する。

   (2) 午後3時、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下(春秋の間に入られる皇族各殿下を除く。)が豊明殿に入られる。

   (3) 食事(立食)を供する。
      この間、雅楽を奏する。

   (4) 天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿にお出ましになる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。

   (5) 天皇陛下のおことばがある。

   (6) 代表者が祝詞を述べる。

   (7) 国家を奏する。

   (8) 代表者が杯を挙げる。

   (9) 天皇陛下が皇后陛下とともに豊明殿を御退出になる。
      式部官長及び宮内庁長官が前行し、豊明殿に入られている皇族各殿下が供奉され、侍従長、侍従、女官長及び女官が随従する。


  3 春秋の間に入られている皇族各殿下が春秋の間を退出される。

  4 参列者が退出する。


二 服装
 1 第1日
  男子 燕尾服、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの(タキシードも可)
  女子 ロングドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの
  勲章着用

 2 第2日、第3日及び第4日
  男子 モーニングコート、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの
  女子 ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの


三 参列者の範囲
 1 即位礼正殿の儀に参列する者
 2 駐日外国大使等の配偶者





 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:13| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その5


 
■内閣告示

◯内閣告示第11号

 令和元年10月22日(延期された場合は、同月26日)に行われる祝賀御列の儀の細目は、次のとおりである。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 


一 祝賀御列の儀の儀次第

 1 午後3時15分、皇嗣同妃両殿下が皇族休所に参集される。

 2 午後3時20分、内閣総理大臣、内閣官房長官及び内閣官房副長官が宮殿の南溜 (みなみたまり) に参集する。

 3 内閣総理大臣、内閣官房長官及び内閣官房副長官がそれぞれ南車寄 (みなみくるまよせ) の所定の位置に着く。

 4 午後3時27分、天皇陛下が皇后陛下とともに南車寄にお出ましにある。
   皇嗣同妃両殿下が所定の位置に着かれ、宮内庁長官、式部官長等が所定の位置に着く。

 5 国家を奏する。

 6 天皇陛下が皇后陛下とともに御乗車になる。
   皇嗣同妃両殿下が乗車され、内閣総理大臣、内閣官房長官、内閣官房副長官、宮内庁長官、式部官長が乗車する。

 7 午後3時30分、御列が御出発になる。
   御列は、宮殿南車寄を御出発になり、皇居正門、二重橋前交差点、桜田門交差点、国会議事堂正門前、憲政記念館前交差点、国立国会図書館前、平河町交差点、都道府県会館前、赤坂御用地南門前、青山一丁目交差点、権田原交差点及び赤坂御所正門を経て、赤坂御所御車寄 (みくるまよせ) に御到着になる。

 8 天皇陛下が皇后陛下とともに御降車になる。
   皇嗣同妃両殿下が降車され、内閣総理大臣、内閣官房長官、内閣官房副長官、宮内庁長官、式部官長等が降車する。

 9 天皇陛下が皇后陛下とともに赤坂御所御車寄の所定の位置に着かれる。
   皇嗣同妃両殿下が所定の位置に着かれ、内閣総理大臣、内閣官房長官、内閣官房副長官、宮内庁長官、式部官長等が所定の位置に着く。

 10 国家を奏する。

 11 天皇陛下が皇后陛下とともに赤坂御所にお入りになる。


二 服装
  男子 燕尾服
  女子 ロングドレス
  勲章着用


三 天皇皇后両陛下のお車
  祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車は、オープン・カーとし、降雨等によりこれによることが適当でないときは、クローズド・カーとする。





 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:10| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その4


 
■内閣告示

◯内閣告示第10号

 令和元年10月22日に行われる即位礼正殿の儀の細目は、次のとおりである。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 


一 即位礼正殿の儀の儀次第
 1 午後0時30分、内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長及び最高裁判所長官が宮殿の千草の間及び千鳥の間に参集する。

 2 午後0時50分、参列者が所定の位置に着席する。

 3 内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長及び最高裁判所長官が正殿松の間に入り、所定の位置に着く。
   皇位継承式典事務局長が誘導する。

 4 皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が正殿梅の間の前を経て正殿松の間にお入りになる。

 5 午後1時、天皇陛下が梅の間即扉から正殿松の間にお入りになる。
   式部官長及び宮内庁長官が前行し、侍従がそれぞれ剣、璽、国璽及び御璽を捧持し、侍従長、侍従及び宮内庁次長が随従する。

 6 天皇陛下が高御座 (たかみくら) にお昇りになる。

 7 侍従がそれぞれ剣、璽、国璽及び御璽を高御座の案上に置く。

 8 皇后陛下が梅の間即扉から正殿松の間にお入りになる。
   式部副長及び侍従次長が前行し、女官長、女官及び皇嗣職大夫が随従する。

 9 皇后陛下が御帳台 (みちょうだい) にお昇りになる。

 10 参列者が鉦 (しょう) の合図により起立する。

 11 侍従及び女官が高御座及び御帳台の御帳を開く。

 12 参列者が鼓 (こ) の合図により敬礼する。

 13 内閣総理大臣が御前に参進する。

 14 天皇陛下のおことばがある。

 15 内閣総理大臣が寿詞 (よごと) を述べる。

 16 内閣総理大臣が御即位を祝して万歳を三唱する。参列者が唱和する。

 17 内閣総理大臣が所定の位置に戻る。

 18 侍従及び女官が高御座及び御帳台の御帳を閉じる。

 19 参列者が鉦の合図により着席する。

 20 天皇陛下が正殿松の間から正殿竹の間の前を経て御退出になる。
   前行及び随従はお出ましのときと同じである。

 21 皇后陛下が正殿松の間から正殿竹の間の前を経て御退出になる。
    前行及び随従はお出ましのときと同じである。

 22 皇嗣殿下、皇嗣妃殿下、親王殿下、親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下が正殿松の間から正殿竹の間の前を経て退出される。

 23 内閣総理大臣、衆議院議長、参議院議長及び最高裁判所長官が正殿松の間から退出する。

 24 参列者が退出する。


二 服装

 1 天皇陛下
   御束帯(黄櫨染御袍)

 2 皇后陛下
   御五衣 (おんいつつぎぬ)・御唐衣 (おんからぎぬ)・御裳 (おんも)

 3 皇嗣殿下
   束帯(黄丹袍、帯剣)

 4 皇嗣妃殿下
   五衣、唐衣、裳

 5 親王殿下
   束帯(帯剣)(これにより難い場合には、燕尾服(勲章着用)とする。)

 6 親王妃殿下、内親王殿下及び女王殿下
   五衣、唐衣、裳(これにより難い場合には、ロングドレス(勲章着用)とする。)

 7 宮内庁長官、宮内庁次長、侍従長、侍従次長、侍従、皇嗣職大夫、皇嗣職宮務官長、式部官長及び式部副長
   束帯

 8 女官長及び女官
   五衣、唐衣、裳

 9 威儀の者及び衛門
   束帯(帯剣、弓)

 10 威儀物捧持者、司鉦司鼓及び鉦鼓の係員
    束帯

 11 参列者
    男子 燕尾服、モーニングコート、紋付羽織袴又はこれらに相当するもの
    女子 ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの
    勲章着用


三 参列者の範囲

 1 皇室関係

 2 立法関係
  (1) 衆・参両院議長、副議長各夫妻
  (2) 国会議員(衆・参両院議長、副議長、内閣総理大臣、国務大臣、内閣官房副長官、副大臣、大臣政務官を除く。)
  (3) 国会事務局(国立国会図書館を含む。)の職員で参列するにふさわしい者

 3 行政機関
  (1) 内閣総理大臣、副総理各夫妻
  (2) 国務大臣
  (3) 内閣官房副長官、副大臣、大臣政務官、内閣法制局長官
  (4) 内閣危機管理監、内閣情報通信政策監、国家安全保障局長、公害等調整委員会委員長、運輸安全委員会委員長、内閣官房副長官補、内閣広報官、内閣情報官、内閣総理大臣補佐官、内閣法制次長、事務次官、会計検査院事務総長、人事院事務総長、警察庁長官、金融庁長官、消費者庁長官、統合幕僚長
  (5) 会計検査院長、検査官、人事院総裁、人事官、公正取引委員会委員長、原子力規制委員会委員長、検事総長、次長検事、検事長
  (6) その他の職員で参列するにふさわしい者

4 司法機関
 (1) 最高裁判所長官、最高裁判所判事(長官代行)各夫妻
 (2) 最高裁判所判事
 (3) 高等裁判所長官
 (4) その他の職員で参列するにふさわしい者

5 元三権の長
  元内閣総理大臣、元衆・参両院議長、元最高裁判所長官各夫妻

6 地方公共団体
 (1) 都道府県知事、同議会議長
 (2) 政令指定都市の市長、同議会議長
 (3) 市長の代表2名、同議会議長の代表2名
 (4) 町村長の代表2名、同議会議長の代表2名

7 外交関係
  外国元首・祝賀使節等夫妻、駐日外国大使等

8 各界代表
  次の各号の一に該当する者
 (1) 各界において代表的立場にある者
 (2) (1)以外の者でふさわしい者、例えば、次に掲げるところに該当する者
  ア 文化勲章その他の勲章受章者、褒章受章者、文化功労者
  イ 研究等で顕著な業績を挙げた者
  ウ 技術、技能、芸術、文化、スポーツ等の各分野で顕著な業績を挙げた者
  エ 産業、経済等の各分野で顕著な業績を挙げた者
  オ 社会教育、社会福祉あるいは更生関係の分野で貢献のあった者
  カ 青少年を代表するにふさわしい者
  キ 国際親善の増進等に貢献のあった者
  ク 海外日系人を代表するにふさわしい者

9 報道関係
  テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、外国報道関係等各代表





 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:06| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その3


 
■内閣告示

◯内閣告示第9号

 一 国の儀式として、饗宴の儀を行う。
 二 饗宴の儀は、令和元年10月22日、同月25日、同月29日及び同月31日、宮中において行う。
 三 饗宴の儀の細目は、内閣総理大臣が定める。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 






 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:04| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その2


 
■内閣告示

◯内閣告示第8号

 一 国の儀式として、祝賀御列の儀を行う。
 二 祝賀御列の儀は、令和元年10月22日、宮殿から赤坂御所までの間において行う。なお、当日が荒天等のため挙行することができない場合には、同月26日にこれを行うこととし、同日が荒天等のため挙行することができない場合には、これを行わない。
 三 祝賀御列の儀の細目は、内閣総理大臣が定める。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 






 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 18:02| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第99号 その1


 
■内閣告示

◯内閣告示第7号

 一 国の儀式として、即位礼正殿の儀を行う。
 二 即位礼正殿の儀は、令和元年10月22日、宮中において行う。
 三 即位礼正殿の儀の細目は、内閣総理大臣が定める。

 令和元年9月26日
内閣総理大臣臨時代理 
国務大臣 菅 義偉 






 
2019年9月26日 官報第99号 




 
posted by へむ at 17:59| 内閣告示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

第98号 その2(了)


 
■斎田抜穂の儀の期日

 悠紀斎田抜穂の儀の期日は、令和元年9月27日と定められた。

 主基斎田抜穂の儀の期日は、令和元年9月27日と定められた。





 
2019年9月25日 官報第98号 




 
posted by へむ at 09:52| 斎田抜穂の儀の期日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第98号 その1


 
■御祝電

 天皇陛下は、アルメニア国の独立記念日につき、9月20日同国大統領閣下へ御祝電を発せられた。

 天皇陛下は、マルタ国の独立記念日につき、9月20日同国大統領閣下へ御祝電を発せられた。

 天皇陛下は、サウジアラビア国の国祭日につき、9月20日同国二聖モスクの守護者国王へ御祝電を発せられた。





 
2019年9月25日 官報第98号 




 
posted by へむ at 09:50| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

第96号 その3(了)


 
■御弔電

 天皇皇后両陛下は、オランダ国王女クリスティナ殿下薨去につき、9月17日同国国王陛下へ御弔電を発せられた。





 
2019年9月20日 官報第96号 




 
posted by へむ at 09:48| 御弔電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第96号 その2


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、新潟県において開催された第34回国民文化祭・にいがた2019及び第39回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会に御臨場、併せて地方事情を御視察のため、9月16日午前9時39分御出門、同県へ行幸啓、同月17日午後5時5分還幸啓になった。





 
2019年9月20日 官報第96号 




 
posted by へむ at 09:47| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第96号 その1


 
■認証官任命式

 9月13日午前11時40分、宮中において、復興副大臣菅家一郎、同横山信一、内閣府副大臣大塚拓、同平将明、同宮下一郎、総務副大臣長谷川岳、総務副大臣兼内閣府副大臣寺田稔、法務副大臣義家弘介、外務副大臣鈴木馨祐、同若宮健嗣、財務副大臣遠山清彦、同藤川政人、文部科学副大臣上野通子、文部科学副大臣兼内閣府副大臣亀岡偉民、厚生労働副大臣稲津久、同橋本岳、農林水産副大臣伊東良孝、同加藤寛治、経済産業副大臣牧原秀樹、経済産業副大臣兼内閣府副大臣松本洋平、国土交通副大臣青木一彦、国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣御法川信英、環境副大臣佐藤ゆかり、環境副大臣兼内閣府副大臣石原宏高及び防衛副大臣兼内閣府副大臣山本朋広の認証官任命式が行われた。





 
2019年9月20日 官報第96号 




 
posted by へむ at 09:46| 認証官任命式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

第94号


 
■御祝電

 天皇陛下は、メキシコ国の独立記念日につき、9月13日同国大統領閣下へ御祝電を発せられた。





 
2019年9月18日 官報第94号 




 
posted by へむ at 18:07| 御祝電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

第93号


 
■認証官任命式

 9月11日午後4時50分、宮中において、国務大臣高市早苗、同河井克行、同萩生田光一、同加藤勝信、同江藤拓、同菅原一秀、同赤羽一嘉、同小泉進次郎、同田中和徳、同武田良太、同衛藤晟一、同竹本直一、同西村康稔、同北村誠吾、同石崎聖子、内閣官房副長官西村明宏及び同岡田直樹の認証官任命式が行われた。





  
2019年9月17日 官報第93号 




 
posted by へむ at 10:30| 認証官任命式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

第91号


 
■信任状捧呈式

 9月4日午後2時30分、宮中において、新任本邦駐在カーボベルデ国特命全権大使ターニャ・セラフィム・イヴォンヌ・ロミュアルドの信任状捧呈式を行われた。

 9月4日午後3時、宮中において、新任本邦駐在モーリシャス国特命全権大使クリステル・ソハンの信任状捧呈式を行われた。

 9月5日午後2時30分、宮中において、新任本邦駐在パキスタン国特命全権大使イムティアズ・アハマドの信任状捧呈式を行われた。

 9月5日午後3時、宮中において、新任本邦駐在ベルギー国特命全権大使ロクサンヌ・ドゥ・ビルデリングの信任状捧呈式を行われた。





 
posted by へむ at 17:28| 信任状捧呈式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

第90号 その2(了)


 
■行幸啓

 天皇皇后両陛下は、秋田県において開催された第39回全国豊かな海づくり大会に御臨席、併せて地方事情を御視察のため、9月7日午前9時43分御出門、同県へ行幸啓、同月8日午後4時17分還幸啓になった。
 なお、行幸啓の御日程は次のとおり、変更になった。
 第1日 9月7日
  赤坂御所(正門)御出門
  東京国際空港御発 特別機
  秋田空港御着
  秋田県林業研究研修センター
  秋田県動物愛護センター
  お泊所 秋田キャッスルホテル

 第2日 9月8日
  秋田県立武道館(式典会場)
  秋田県庁
  秋田空港御発 特別機
  東京国際空港御着
  還幸啓





 
2019年9月11日 官報第90号 




 
posted by へむ at 15:54| 行幸啓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする